スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小泉首相、是非靖国参拝を 

改めて言うが、靖国参拝を問題にしているのは、中国、韓国のみである。他国の首相が、その国の戦没者を慰霊する方法に文句を付けるのは、国際的には非常識なのである。中国、韓国というのはどういう国か?中国は多くの核ミサイルを日本に向けて配備している。どちらの国も嘘ばかり並べ立てて、国民に反日教育を行っている。どちらの国も日本の領内を侵略している。明々白々な敵国である。こちらが敵視しているのではなく、あちらが日本を敵視しているのだ。だから、何でも文句を付けてくる。日本人は和の民族である。争いは避けたいし、近隣とは仲良くしたい。だから、中国や韓国が嫌がることをしなくてもいいではないか、という世論が主流になる。しかし、国際社会は食うか食われるかの獣の社会である。折れた方が負け、国益を失うのだ。
この問題は靖国だけの問題ではない。日本の国としての姿勢が問われるのだ。不当な干渉には絶対屈しないという気構えをみせないと、見本は国際社会で舐められ続けるのだ。
スポンサーサイト
[ 2006/08/14 08:42 ] まじめな話 | TB(0) | CM(1)

おはよう御座います。
小泉首相参拝しましたね!大いに結構な事だと思います。
しかし、マスコミも騒ぎ立てすぎですかね。
[ 2006/08/15 08:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://f4snaka.blog20.fc2.com/tb.php/92-af81e885




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。