スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内海大橋を渡る 

 今日は午前中、娘のアッシー君を務めたので、午後からは自分の時間をということで、近場へ走りに出かけた。ルートは、鞆の浦から内海大橋を渡り、帰りに「ルート59」という内海大橋のたもとのロケーション抜群の喫茶店でまったりとコーヒーを、というもの。
 13時出発。2号線から笠岡干拓を通り、日本鋼管前を走って鞆の浦へ。前回は四輪で鞆の浦の街中を走ったのだが、非常に狭くて対向車も多く周りをゆっくり見る余裕はなかった。が、バイクだと余裕たっぷり。思ったより昔の建物が残っているのに気がついた。道端ではおばちゃんが何人か魚を売っている。子どもの頃の、育った町の様子を思い出した。懐かしいなあ、今度は魚買って帰れる様、パニアを着けて来よう。
 鞆の浦の街中を抜けて、内海大橋を渡り内海島までのルートは程よくコーナーがあり、ハイスピードで走れる素晴らしい道だ。少し風があったが、HYODOのウェアとグリップヒーターのおかげで快適に走れた。あごの辺りが寒いので、これからはネックウォーマーが必要だろう。
 ルート59で、カップルに囲まれて一人寂しくコーヒーをすすり、しかし窓の外の景色はしっかり堪能して帰路についた。
 今まで、冬はほぼ休眠状態でバッテリーを上げていたのだが、これからはよっぽど寒くないかぎり真冬も走れそう。自分は夏より冬の方がよっぽど好きなので、楽しみである。
内海大橋が遠くに見えます

ルート59入り口

店内からの景色

スポンサーサイト
[ 2005/12/11 16:34 ] バイク | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://f4snaka.blog20.fc2.com/tb.php/34-97f752f3




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。