スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Pursuit of happiness 

 ウィルスミスとその息子が共演している映画「幸せの力」をかみさんと見に行った。内容的には原題「Pursuit of happiness」の方があっている。実話に基づく話ということで、まあサクセスストーリーなのだ。全財産21ドルという状況まで落ち込みながら、息子のために頑張って資産運用会社の見習いとして働き、認められて正社員になり、やがて会社を興して大成する男の話。
 やや描き方が皮相的だし、正社員になってからの話がなく、尻切れトンボなのだが、ウィルスミスが好きなのでOKなのだ。自分としては結構良かった。
 映画を見て思ったのは、やっぱりアメリカはキリスト教の国なんだなあということ。寝る場所のない人のために教会が宿舎と食事を提供するのだ。神の話が結構出てくるし、神が身近だ。
 一方アメリカ社会は厳しい。半年の見習い期間中給料はゼロ。会社のために働いているのに。家賃を滞納すれば有無を言わさず追い出されるし、税金を滞納すればすぐ口座を差し押さえられる。それに引き換え日本は優しい社会だなあと思う。ぬるすぎて平和ボケなのが、情けない。
スポンサーサイト
[ 2007/02/04 13:23 ] おやじ日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://f4snaka.blog20.fc2.com/tb.php/145-3cb41749




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。