スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術4日目(肺炎だった) 

金曜日。昨日よりは少しはましになってきた。熱も37度台で推移している。医師の説明では、肺炎を起こしているとのこと。理由はよくわからない。拒絶反応でないのは良かったがショックだ。免疫を抑制しているのだから、自然治癒力は弱いはずだ。医師の説明でも、普通の人が肺炎になっても全快には2週間かかるらしい。新しい優秀な薬を使って治療するとのことだった。初めて体重を計るため体重計に乗ったが、ふらついて倒れそうだった。かなり消耗していることが自覚できた。熱も下がったので楽にはなったが、レストレスレッグ症候群がぶり返してきて、眠れない。ほとんど眠れないまま翌朝を迎えてしまった。
主な検査:胸部CTスキャン、胸部レントゲン
スポンサーサイト
[ 2006/08/28 23:56 ] 腎移植、癌関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://f4snaka.blog20.fc2.com/tb.php/104-65530865




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。