スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ慰安婦決議問題 

 さすが櫻井様。やってくれました。

この件については、アメリカはこういう立場です。
              ↓
 アメリカが日本に対し、原爆投下、市街地空襲により何十万人という非戦闘員を虐殺した、という「不都合な事実」がある。
              ↓
 これを正当化するためには、戦時中の日本を悪者にする必要がある。
              ↓
 事実であろうがなかろうが、戦時中の日本を悪者にする話については大いに煽る。(去年の真珠湾攻撃の映画では、日本軍機が民間人に機銃掃射したりして、無茶苦茶でした。そりゃお前らがやったことだろ)
              
 まあこういう図式があるわけですな。

---以下引用---
慰安婦問題で意見広告 櫻井氏ら 米紙に「事実」論証
 (産経 07/6/15)

 いわゆる慰安婦問題をめぐる対日非難決議案が米下院に提出されている問題で、米紙ワシントン・ポストは14日、慰安婦の処遇や旧日本軍の組織関与を論証する日本側識者の意見広告を掲載した。

 一連の慰安婦問題では、決議案の採択を求める在米韓国系団体の意見広告が同紙などに掲載されてきたが、米主要紙の意見広告を通じた日本からの反論はこれが初めてだ。

 「事実」と題した意見広告は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、政治評論家の屋山太郎氏らによるもので、1ページを使って慰安婦問題に関する事実関係を論証。

 同じくワシントン・ポスト紙(4月26日付)に掲載された「慰安婦の真実」と題する韓国系団体の意見広告を「事実にもとづくものではなく、信仰の所産と呼ぶべきだ」と批判し、事実を示して米世論の理解を促している。

 具体的には、

 (1)慰安婦の募集をめぐる「狭義の強制性」の否定

 (2)不当な募集を行った業者の処罰

 (3)インドネシアでオランダ人女性を強制的に慰安婦とした事件の処罰

 (4)元慰安婦らの証言に対する疑問

 (5)慰安婦の待遇-の5点を「事実」として挙げた。

 そのうえで、意見広告は慰安婦となった女性の境遇には心情的な配慮を示しつつ、「客観的に認知された事実によってのみ、正しい歴史認識が共有されるよう求める」と結んでいる。

 同広告には賛同人として自民党29人、民主党13人、無所属2人の国会議員が名前を連ねている。

スポンサーサイト
[ 2007/06/15 10:04 ] まじめな話 | TB(0) | CM(1)

ハヤブサ発見! 

 今朝の通勤途上、高梁川大橋の街灯の上に留まろうとして、気に入らなかったのか、身をひるがえし、上流側に飛んでいった猛禽らしき鳥を発見。あの翼の形、ひらひらした飛び方、大きさ・・ハヤブサじゃん!
ビックリだ。

 愛機D50に手を伸ばすが運転中(^^; 撮れるはずもなく、一瞬で飛び去った。

 冬の笠岡湾干拓地で見たことはあるが、この時期この地域にいるのは非常に珍しい。近年、都会のビルに営巣している事例はあるが、この辺はどうなんだろ。船穂あたりに、エサとなるドバトはたくさんいるからそれを狙ってるんだろうが。
 高梁川ではミサゴを何回か見てるし、猛禽が増えてるとしたら良いことだと思う。

 次は是非ともハヤブサの狩りを見たいもんだ。
[ 2007/06/14 16:24 ] おやじ日記 | TB(0) | CM(0)

つ、ついに(泣) 

 50歳になってしまった・・・・
 昔は50というと相当年寄りだと思ってたが、自分がなって見ると・・・まだまだ若いじゃん(^^;
まあ、そう思いたいだけですが。

 まだバイクにも乗りたいし、ロータリー車にもオープンカーにも乗りたいし、って乗り物だけか。いや、孫の顔もみたい(爆発)
[ 2007/06/11 17:39 ] おやじ日記 | TB(0) | CM(2)

蒜山ミーティング2 

 北房からは高速で蒜山へ向かった。既に、メンバー4人が到着していた。今日集まるのは9人である。集合時刻の6時前になると、次々にメンバーが集まる。みんな釣りを終えて来ているようだ。
 自分は、川を歩くのはまだまだ無理なので、近く湯原から再開しようと思っている。釣りにもリハビリが必要だろうし。なによりもキャスティングが不安だ。腕の筋肉かなり落ちてるし。

 6時半から、いつものジンギスカンで夕食。ご飯は食べずにジンギスカンだけ食べたのだが、結構な量を食べたられたようだ。ご飯って量は少なくても満腹感が出るのだろうか?
 食事後は、釣りの情報交換からバカ話まで、様々な話題で盛り上がったのだが、今回は幽霊系の話が面白かった。
 A氏のヒトダマから謎のおばあさんの話、更にはまっくろくろすけ目撃談にタンスの上の巨大エビの話まで、大いに笑わせてもらった。実は自分も渓流で幽霊らしき釣り人を見ているのだが、その時は何とも思わなかった。後で同行していたS君に言われてそんなもんかと思ったくらいだ。
 入院中に幻覚、幻聴を体験した自分としては、その手の話は脳が作り出したものだと確信している。存在しているんなら誰にでも見えるはず。目で見えた(と脳が認識した)ものが、必ず存在しているとは限らないのだ。自分の場合、入院中に見た幻覚は、目で見ているというより脳で見ている感覚があり、幻覚だと認識できたし。幻聴はそうはいかなかったが・・・。
 ともかく、他にも「へー」ボタン(古い)を押したいような話がたくさんあって、今回も楽しかったのだ。

 自分は日曜日に用があるので、11時過ぎ帰路に着いた。帰りは有漢まで高速であとは下道。高梁でまたも雨に降られたが、無事12時40分帰着。ずっと高速で帰った場合の時間とあまり変わらない。高速代節約だ。
 夜中は車が少なく快適だが、車検以来ロービームが下過ぎて見づらいのだ。一度調節したのだがあまり見えない。そのせいで一度ガードレールに張り付きそうになった。車はハンドル切れば避けられるから問題ないが。

 というわけで、参加された皆さんお疲れ様でした。参加できなかったY君、S子さん次回はお会いしましょう。というか、S君の山形釣行報告会でもやりますかね?さくらんぼも食いたいし(^_^)v




[ 2007/06/11 09:12 ] バイク | TB(1) | CM(4)

蒜山ミーティング1 

 6月9日は毎年恒例の蒜山ミーティングがあり、久しぶりに仲間の顔を見ようと喜んで参加した。
 6時集合のため、3時に出発して、オール下道で行く予定だったが、出発が40分ほど遅れてしまった。取りあえず下道で行けるところまで行くつもりで、矢掛~高梁~有漢~北房と走り、北房インターから高速へ乗った。2時間で会場へ着いた。

 途中、有漢から北房へ抜ける農道を走ったのだが、ここが高速~中速コーナーの連続で面白いのだ。以前K1200Sで走ったときも楽しかったのだが、今回WISHで走ってみて、4輪のコーナリングが少し分かった気がする。バイクに乗れないので、4輪で楽しむしかないのだが、WISHはファミリーカーとしては必要以上に足が固いので、まあ面白いのだ。旋回速度に限ればバイクと同等くらい行けてるみたい。ちょっと開眼かな?(^^;)
[ 2007/06/10 19:57 ] バイク | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。