スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皆さん良いお年を! 

 このくだらないブログを読んでいただいた皆さん、ありがとうございます。今年は、様々なバイク遍歴の末(涙)、ベストパートナーといえるK1200Sにめぐり合うことができ、大変良い年でした。
 速い、疲れない、安全という、自分にとって重要な要素を全て備えたバイク。あと乗ってみたいかな、と思うのはスズキGSX-R1000くらいで、他のバイクは目に入りません。
 来年はもう少し距離を延ばしたいと思います。それでは、皆さん良いお年を。
スポンサーサイト
[ 2005/12/31 21:47 ] バイク | TB(0) | CM(1)

振り込め詐欺が来た 

PICT0002.jpg

 新手の振り込め詐欺だ。昨日のテレビ番組で取り上げていたらしい。自分は韓流なんぞに興味はないが、ヨン様命のおばさん連中なら引っ掛かるかも。ちなみに3月26日の東京ドームはプロ野球オープン戦が予定されてる。ちょっと調べればわかるんだけどね。
[ 2005/12/31 09:50 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

めっちゃ不安なのだが 

 最近読んだ本によると、2025年頃に、極東における中共の軍事力はアメリカのそれと肩を並べるんだそうな。アメリカは確実に衰退している。一方、中共は分裂がなければ、これから急速に力をつける。これは日本にとっては悪夢のシナリオである。
 自分は、もっと近い将来、(つまりアメリカが優位なうちに)台湾独立をめぐって、米中が激突すると思っていたが、最近の中共軍のトップ発言によると「中国はアメリカに対しても核弾頭を打ち込む用意がある」と発言しており、以下の理由から米中の戦争はあり得ないのではないかと思い始めた。
 まず、核戦争になる恐れのある場合、アメリカは中共に勝てない。アメリカ本土に核が打ち込まれれば、何千万人単位で市民の犠牲が出る。もちろん中共にも同程度の犠牲が出るが、中共にとっては一億人の犠牲も全然問題ないからである。12億人いるのだ。しかも国民の命など屁とも思っていないのが共産党政権である。
 となると、通常兵器での本格的な戦争もない、ということになるが、その時アジアの覇権は中共が握る。当然日本を属国にしようとする。「言うこと聴かないと、東京に核を打ち込むぞ」というニュークリアブラックメールが届く。日米安保は機能しない。なぜなら、日本のためにアメリカンボーイズが大勢死ぬことをアメリカ世論は絶対受け入れない。
 どうする日本?MD(ミサイル防衛システム)など何の役にも立たない。核兵器はミサイルだけではないのだ。抑止力が必要だが、中共に日本攻撃を思いとどまらせるだけの抑止力といえば、どう考えても、自前の核を持つしかない。核兵器など数週間あれば持てるなどと言うバカ政治家がいるが、とんでもない。ちゃんと使えるようにするには、システム構築、人員の訓練など10年はかかるという。
この程度のことは、防衛庁の役人も、一部の政治家も気づいているはずなのだが、憲法改正ごときでごたごた言ってる・・・・。
ま、20年後には自分は生きている確率のほうが低いと思うが、子どもたちのことを考えると、非常に不安である。日本民族は生き残れるのか?
[ 2005/12/29 23:42 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

バッテリードックを買った 

VFSH0037.jpg

VFSH0038.jpg

 我が愛車は重い。シャフトドライブだし、エンジンがかからなくなったら悲惨である。おまけにバッテリーへのアクセスも面倒だ。F4Sだと押しがけできたし、バッテリーアクセスも簡単だったが、Kだとバッテリーを上げてしまったらかなり面倒なことになるに違いない。(てか、R1100Sで経験済み)
 というわけで、転ばぬ先の杖としてバッテリードックを買った。電源ソケットに差し込んでおけば、勝手に充電してくれて、過充電にもならない。真冬でも、今までより多く乗れるとは思うが、長期予報が暖冬から厳冬に変わったこともあり、安心のため購入した。これで、冬の備えは万全です(か?)
[ 2005/12/29 20:51 ] バイク | TB(0) | CM(2)

外務省職員自殺事件 

 中共に頭の上がらない政治家諸氏(○本元首相とか)は、たいてい中共に女関係で弱みを握られているらしいが・・・。女で落とすなんてのは古典的な手だと思うのだが、なんで頭のいい政治家センセイや外務官僚がひっかかるのか?脇が甘いのにもほどがある。ま、今回の方は自殺した分立派と言えるが、今も手先になっているセンセイや外務官僚が大勢いるんだろうな。そう考えれば、中共に甘すぎるセンセイ方の言動にも納得がいく。スパイ防止法がなかなかできないことにもね。
[ 2005/12/29 17:17 ] まじめな話 | TB(0) | CM(1)

外相発言 

 麻生太郎外相が中国の軍備増強を「脅威」と発言した。これは日本にとって大変喜ばしいことである。この発言により、世界の国々の中共に対する見方はより厳しいものになるだろう。国際社会で日本発のニュースというのは非常に少ないらしく、存在感が薄いわけだが、こういう発言があると、日本も少しはものを言うようになったと認識されるのではないか。
 第二次大戦後、中共が何度戦争を起こしたか、自国民を何万人虐殺したか、チベットで何をやったか、台湾をどうしようとしているか、日本に向いた核弾頭がどれほどあるか等少し研究すれば、中共が日本にとって最大の脅威であることは明白である。
 日本はどうやったら中共に攻撃されずにすむか、国の存亡がかかっているのだから、今までの平和ボケを廃して本気で取り組まなければならない。

 
[ 2005/12/26 07:00 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

フェイスウォーマーを買ったが・・ 



 前回走った時、あごの辺りが非常に冷たかったので、ネックウォーマーを探したが・・・無い!息子がスキーに行く時に貸したような気はするが、どうもはっきりしない。本人はバイト明けで寝てるし(^^;
しゃあないから買うか、ということで、岡山のライ○オンに出かけた。岡山にはバイク用品店はここくらいしかないらしい。
目だし帽タイプとか、首だけに巻くものとか2,3のタイプがあったが、写真のものにした。首だけだとあごが寒いし、顔にかぶるのは「怖い人」みたいなので・・。
早速帰りに使ってみた。で、十分あごまで防寒の役には立つのだが、そうなると額とか、耳とかの寒さが際立ってしまう。それとメットをかぶるとどうしてもずれてしまう。昔使って目だし帽タイプの方がやはり暖かい。うーむ、厳寒期にはやっぱ目だし帽を買おう。という結論を得たのだった。何しに行ったのか、よくわからんぞ。  
[ 2005/12/24 19:36 ] バイク | TB(0) | CM(2)

ちょっと佳い話 

 私は、「国際派日本人養成講座」という素晴らしいメルマガを読んでいるが、そこからちょっと佳い話をご紹介します。
アテネオリンピックでの日本の大躍進の裏に何があったかという話です。文中の「氏」とは日本選手団総監督だった福田富昭氏のことです。

==引用開始==
 氏によると、アテネでの勝因には、10億円の予算を2年間
つけた「日本復活プロジェクト」による豊富な練習量、現地で
の周到な準備、医者・マッサージ師などの強化スタッフの充実
など、いくつかあるが、氏は「勝負を最後に決するのは、気力、
根性、闘魂」として、「アテネオリンピック日本代表選手団と
しての行動基本」を制定し、全員に説明したという。

 公人として、全ての人が常にどこかで見ていることを忘
れてはならない。

一、日本代表選手団としての行動規範

・日本代表選手団編成方針にある通り、我々は胸に日の丸
をつけた公人であり、あくまで日本代表選手団の一員で
あることを肝に銘じ、全てに規範のある行動を心がける
こと。

・結団式やセレモニー等、公式行事では脱帽の上、姿勢を
正し、国旗をまっすぐに見て「君が代」を斉唱すること。

・他国の国旗が掲揚されるときも、脱帽の上、姿勢を正し、
勝利者に敬意をはらうこと。

二、戦いの前の心構え

・平常心で集中力を高め、自分が今日まで実践してきたト
レーニングに自信をもって試合に臨むこと。(プレッシャ
ーに打つ勝つことの使命)
・ルールを守り、相手を敬う気持を持つ。(武士道の精神)
・ひとりで戦っているのではなく、チーム全員で戦ってい
ることを意識する。(チームジャパンとしてオリンピッ
クに挑む)
・「入賞」を狙うのではなく、あくまで「優膝」を狙え。

 『国際派日本人養成講座』360号で紹介した選手達の言動
からは、まさしくこうした精神面の強さが窺えた。

 さらにレスリングの選手団は靖国神社に参拝している。福田
氏はその経緯をこう説明する。

 実は昭和59(1984)年のロサンゼルスオリンピックで
私がレスリングの監督を務めていた時に、日の丸を背負っ
て日本代表として行く選手たちを連れて、靖国神社に参拝
致しました。とりわけ選手たちには遊就館にある特攻隊の
方々の遺書を読ませたいと思ったからです。戦いに行く前
に、どういう気持で戦場へ行かれたのか。私たちは日の丸
を掲げて一列に並び、靖国神社に参拝し、遊就館を拝観い
たしました。まず選手たちは、自分たちと同年代の若者が
戦争で亡くなっていることに気づきました。遺書には戦い
に行く前の気持ちがしっかり書かれていました。それを読
んで選手たちは感動していました。富山監督はその中の一
人でした。ちょうど、靖圃神社の問題が騒がれている時期
でありましたが、堂々と参拝しました。新聞にも取り上げ
られましたが、何処からも批判されませんでした。それは
堂々と参拝したからでしょう。隠れてこそこそ行くような
ことは絶対に駄目だと思います。

 この「富山監督」とは日本レスリング協会強化委員長・富山
英明氏で、アテネでのレスリングの監督であり、ロサンゼルス
オリンピックでは、男子レスリングの金メダリストだった。本
年8月15日の「終戦六十年国民の集い」には、次のようなメッ
セージを寄せられている。

 私は二十年前、ロサンゼルスオリンピソクに臨み、男子
レスリング五輪代表選手として靖国神社に参拝しました。
そして遊就舘で、国の命運を背負って戦地におもむいた若
者たちの遺書を読んで、たいへんな感銘を覚えました。

 そのとき感じたことは、私達の先輩、つまり英霊の方々
が若い命を捧げて、この国のために戦い、そのおかげで今
の日本があるのだということでした。その平和に感謝して
自分たちも頑張らなければならないと強く思いました。そ
して、不安や葛藤を払拭して大会に臨むことができたので
す。

 そして自分がアテネオリンピックの監督になったとき、
あのときの感動が忘れられず、選手達に遺書を読ませたい、
同じような気持ちを今の選手達にもぜひ伝えたいと思い、
オリンピック前に靖国神社に参拝して、遊就館を拝観しま
した。今の選手たちも、わずか六十年前、命を賭けて戦っ
た同世代の若者がいたことを想い、その英霊の魂に触れる
ことで、何か自信のようなものを感じてくれればと思った
からでした。

 10億円の予算を2年間つけるというのが「日本復活プロジェ
クト」だが、物質面だけでなく、精神面でも「日本復活」を図っ
たのが、アテネオリンピックの勝因だろう。そしてアテネでの
選手達の奮闘は、日本国民全体に大きな元気を与えてくれた。
==引用終了==
米国による占領下における、WGIPの呪縛が解けてきたのでしょうか。非常に喜ばしいことです。
[ 2005/12/12 17:30 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

内海大橋を渡る 

 今日は午前中、娘のアッシー君を務めたので、午後からは自分の時間をということで、近場へ走りに出かけた。ルートは、鞆の浦から内海大橋を渡り、帰りに「ルート59」という内海大橋のたもとのロケーション抜群の喫茶店でまったりとコーヒーを、というもの。
 13時出発。2号線から笠岡干拓を通り、日本鋼管前を走って鞆の浦へ。前回は四輪で鞆の浦の街中を走ったのだが、非常に狭くて対向車も多く周りをゆっくり見る余裕はなかった。が、バイクだと余裕たっぷり。思ったより昔の建物が残っているのに気がついた。道端ではおばちゃんが何人か魚を売っている。子どもの頃の、育った町の様子を思い出した。懐かしいなあ、今度は魚買って帰れる様、パニアを着けて来よう。
 鞆の浦の街中を抜けて、内海大橋を渡り内海島までのルートは程よくコーナーがあり、ハイスピードで走れる素晴らしい道だ。少し風があったが、HYODOのウェアとグリップヒーターのおかげで快適に走れた。あごの辺りが寒いので、これからはネックウォーマーが必要だろう。
 ルート59で、カップルに囲まれて一人寂しくコーヒーをすすり、しかし窓の外の景色はしっかり堪能して帰路についた。
 今まで、冬はほぼ休眠状態でバッテリーを上げていたのだが、これからはよっぽど寒くないかぎり真冬も走れそう。自分は夏より冬の方がよっぽど好きなので、楽しみである。
内海大橋が遠くに見えます

ルート59入り口

店内からの景色

[ 2005/12/11 16:34 ] バイク | TB(0) | CM(0)

マツダロードスター 

 午後から雨や風のためバイクはあきらめ、電器屋巡りと車の試乗に行って見ました。以前から気になっていた、新型マツダロードスターを見に近くのディーラーに行ったら、試乗できるとのことで早速乗せてもらいました。車はVSというグレードの6MT、BOSEシステム装着車。ラグジュアリーの方向に振ったグレードです。営業の方からも「お客様ならこのグレードがよいと思います」と勧められました。15kmほど走って見ました。その印象ですが・・・。
1.運転がとても楽しい。クイックなハンドリング。素晴らしいブレー  キ。高いコーナリング性能。まさにスポーツカーです。エンジンのパ ワーはそこそこですが(^^;)
2.オープンの快適性。シートヒーターを入れると、この時季でもオープ ンで走れます。風の巻き込みなどほとんど気になりません。爽快で  す。
3.素晴らしいサウンドシステム。走っていても何の支障もなくよく聞こ えます。また車外では全く聞こえません。不思議。

 非常に欲しくなってしまった。どうしよう。
[ 2005/12/04 18:56 ] バイク | TB(0) | CM(0)

グリップヒーター 

 今日、晴れた時間を狙って、約1ヶ月ぶりにSに乗りました。装備は前回のツーリングと同じだったので、ほとんど寒さは感じませんでしたが、顔や手はかなり冷たかったです。特に冬用のグローブだと操作性が悪くなるため、無理して春秋用のグローブを使っているので、手の冷たさが堪えます。
 というわけで、初めてグリップヒーターのスイッチを入れてみました。強弱2段階の弱で使ったんですが、非常に快適。全く手の冷えが気になりません。これはライディングの安全性という面からも非常に大切なことです。手がうまく動かないと、ブレーキング時など非常に危険ですから。さすが長距離ツーリングを想定しての安全性を重視するBMWという感じでした。
[ 2005/12/04 18:33 ] バイク | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。