スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋が来た!快走ツー 

 昨日から急に秋めいて来て、県北では最高気温20度程度だとか。これは乗らねばなるまい、ということで7時起床。外は肌寒いくらいなので、装備に迷ったが、下はジーンズ、上は秋用ヒットエアーを選択し、一応メッシュジャケをパニアに入れた。
 7時半出発。行き先は決めず、2号線を東へ。ブルーラインを通って見ようと思っていたが、分岐を通り過ぎてしまったので、そのまま2号で備前へ。気の向くままの旅である。備前で渋滞しそうだったので、和気方面へ左折。和気の街中を過ぎた辺りから吉井の市街地までの吉井川沿いの道は、バイクに持って来いの素晴らしい道だった。高速コーナーが続き、追い越し可なので4輪に邪魔されずに走れる。
 美作市内で朝食を済ませ、奈義のループ橋下のドライブインでわさび漬けを買うため、奈義方面へ。途中那岐山麓山の駅に寄ってみる。ここは見晴らしが最高だった。この辺りは風が強いところだが、今日もかなり風が強く、少し寒い。目的地へ着くと、閉店してしまっていた。ここのわさび漬けは絶品だったのだが、残念。
 目的をはずしてしまったので、未知のワインディングを走ることにし、智頭から佐治方面へ。佐治から恩原高原までの道は適度にアップダウンのあるワインディングで交通量も少なく、非常に気持ちのいい道だった。Sの安定性に満ちたコーナリング性能を満喫した。
 恩原から奥津ダム脇を通って津山へ至る道は、ダム対策で広い道が整備されており、昔の狭い道がうそのようだ。
 鏡野久世線を通って、久世から湯原へ山道を抜ける。途中車とすれ違うのがやっとの狭いつづらおれの区間が続くが、Sだと安心して走れる。湯原ICから落合ICまで高速使用(313が通行止めのため)、
ぬおわキロでの巡航はとっても楽。落合IC入り口前にあるスタンドの横から有漢へ抜ける農道が素晴らしいワインディングなのでこれを走り、高梁で昼食を取り、美星~矢掛と走り慣れた道をとおり帰宅した。
15時帰着。走行距離400キロ。所要時間6.5時間。平均時速約60キロ。写真も撮らず、食事以外は走りっぱなし。
Sの走りが素晴らしく、休むのが惜しいという感じです。走ったことのない道でもSだと何の不安もなくフルバンク(自分なりの)で行けてしまい、全くこける気がしません。走り慣れた道も、今までとスピードが違うので、別の道に思えます。やっと涼しくなったので、これからは毎週走らせて距離を稼ごうと思います。
スポンサーサイト
[ 2005/09/25 16:31 ] バイク | TB(0) | CM(0)

ipod nano購入 

 バイクに乗ってると結構退屈です。ワインディングならともかく、市街地や高速巡航だと暇でしようがありません。ということで、買ってしまいました、ipodnano!
アマゾンで2GBの白を注文、2日で届きました。今、何曲か入れて聴いてますが、これは優れものです。音もまあ良いし、専用ソフトのituneからのダウンロードもあっという間に終わります。この中に500曲も入るし、シリコンメモリなので振動にも強いでしょう。何しろ小さくて薄い。全然邪魔になりません。
 これから、CDを借りまくってしまいそうです。
[ 2005/09/21 00:37 ] バイク | TB(0) | CM(3)

民主党はどうなる 

 民主党代表は前原さんに決まりました。ご同慶の至りです。菅氏は総選挙の敗因について、小泉首相のうまさに負けたという認識でした。対して前原さんは、官公労をバックにして改革などできるはずがないという国民の認識をわかっているようです。今後民主党を立て直せるのは、少なくとも菅氏ではないと思っていました。
 前原氏は、外交、防衛の専門家であり、憲法観なども自民党と変わらず、私個人としてはかなり期待しています。民主党にはしっかりしてもらわないと、自民党独裁ではいけません。
ところで、このお方、市川団十郎にそっくり・・
[ 2005/09/17 17:36 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

台風14号とカトリーナ 

 台風14号は、カトリーナより大規模だったって、知ってました?
以下、いつもは日本批判の中央日報(韓国)の記事です。
小泉首相はじめ、日本政府面目躍如です。

「中央日報」05/09/07
<取材日記>台風14号に徹底対処した日本
 6、7日に日本を襲った台風14号が、九州地方を中心に
24人の死者・行方不明者を出した。 決して小さな被害では
ない。しかし専門家らは「この程度なら不幸中の幸い」と口を
そろえる。それもそのはず、台風14号は秒速25メートル以
上、暴風半径300キロの大型台風だからだ。米ニューオーリ
ンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」よりも規模は大きかっ
た。さらに最近は、日本の海水面が1年のうち最も高い時期。
ちょうど「カトリーナ」へのまずい対応でブッシュ米政府が追
い込まれているところだったため、日本の災害対策には自然と
関心が集まった。
 日本政府は台風上陸前日の5日、危機管理センターを設置し、
関係省庁会議を開いた。 住民の避難場所確保、自衛隊および
消防庁など機関間の業務協調案を点検した。 この席で24万
人の避難場所や食料供給案などが決定された。
 自民党も5日、台風対策室を設置し、地域単位組織に緊急支
援方針を伝えた。小泉首相は6日、「有事の際、直ちに官邸に
復帰できるよう東京近隣だけを回る」とし、当初予定していた
1泊2日の地方遊説日程も変更した。「政権の死活がかかる総
選挙を5日後に迫っているため、1カ所でも多く回るべき」と
いう意見もあった。しかし小泉首相は、国民の生命と政権の死
活のうちどちらが重要かは自明だとして一蹴した。「カトリー
ナ」が上陸した翌日まで、友人とバカンス地でパーティーを楽
しんでいたブッシュ大統領とは全く違う。
 日本政府の安全意識はこれで終わらない。日本国土交通省は
7日、「ニューオーリンズの洪水現場と決壊した堤防を精密調
査するため、専門家と公務員で構成された現場検証班を派遣す
る」と明らかにした。日本は1959年に5500人の犠牲者
を出した伊勢湾台風以降、全国の堤防と防波堤を全面的に再整
備し、毎年予算を投入しながら徹底的に点検している。それで
もニューオーリンズの失敗から得る点を探すため、検証班を派
遣することにしたのだ。 「安全大国」の底力が感じられる。
[ 2005/09/16 11:45 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

自民党大勝 

 アナウンス効果もどこへやら、予想以上の自民党大勝ですね。私も自民党楽勝だろうと思ってはいたものの、これほどとは・・・。
これで、憲法改正も視野に入ってきました。これから日本は大きく変わるような気がします。(変わらないと沈没ですし)
本当に国民の監視が必要なのは、これからなのでしょうね。
[ 2005/09/11 21:04 ] まじめな話 | TB(0) | CM(0)

まだ暑い 

 今日は曇りで蒸し暑かったものの、夕方になって涼しくなりそうだったので、少し走りました。寄島~神島~笠岡~金光~寄島と100キロほどの走行でした。涼しくなりそうというのは甘かったようで、途中でかなり厳しく暑さを感じてしまい、そこから黄線無視で飛ばしてしまいました。おかげで涼しくはなったものの、少し危険な運転だったと、反省しきり。やはりもう少し気温がさがらないといけません。
[ 2005/09/11 20:43 ] バイク | TB(0) | CM(116)

選挙 

 いよいよ明日は投票ですねえ。今回は結構投票率高そうですけど、予想通り自民党が勝つのでしょうか。施策の内容はともかく、小さい政府を目指す改革って、今の日本には絶対必要だと思います。マスコミはあまり問題にしませんが、今の日本は家庭で例えると、420万円の収入に対し、支出が800万円でローンが8000万円の家計になります。
まあアメリカよりはましですが、アメリカはドルを印刷すればいいわけで、ドルが基軸通貨でいる間は大丈夫。しかし、日本は・・・破綻は目の前です。今まで日本は2回、国民の財産をチャラにしてます。このままで行くと、またそうするしかないでしょうね。皆さん、外貨を持ちましょう。自分を守るのは自分だけです。リスクは分散しましょう。
 という話はさておき、改革ができる政党ってどこでしょう。社民、共産、その他新党は問題外として、民主?(公務員がバックです)、公明?(法王様の気持ち次第)。消去法で行くと、自民しかない(^^;
はあぁぁ。
[ 2005/09/10 17:05 ] バイク | TB(0) | CM(1)

国民必読「中国入門」 

「嫌韓流」に続き、読み応えのあるマンガを発見し、早速読みました。ジョージ秋山の「マンガ中国入門」です。過去から現在までの史実に基づき、中国とはいかなる国か、中華民族とはいかなる民族か、わかりやすくかつタブーを設けず解説しています。
 日本に対し内政干渉のみならず、領海侵犯や資源奪取など様々な攻撃をしかけてくる中国。日本は核兵器20発で消滅だとも言ってます。とんでもない国だと思っても、隣国である以上意識せざるを得ないし、マーケットとしても魅力的でしょう。うまく付き合う必要がありますが、中国という国の正体を知っている日本人は少ないのではないでしょうか。そういう意味で、是非とも読んで欲しい本です。
 中国初心者?にとってはかなりショッキングな内容もありますが、様々な疑問も解決します。福岡一家殺人事件は縁もゆかりもない中国人による犯行であったわけですが、当初はかなりの恨みをもった人間の犯行と考えられていました。なぜ恨みもないのに子どもまで、あんな残忍な方法で殺せたのか、日本人には理解できませんが、この本を読めば察しがつきます。私的には、もっと書いて欲しいことがたくさんありますが、入門としてはこんとこでしょう。
戦後中国は17回も戦争を起こしているとか、人間の肉を昔から普通に食っているとか、事実であるだけに恐ろしいです。
[ 2005/09/03 23:39 ] バイク | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。